pagetop

更新情報

梅雨入りしてからしばらく経ちますが

ぐずついた天気が続いています。

 

雨の季節は湿気や雨漏りなど、

家にとっても困ったことが多い時期です。

 

本格的な夏は目前ですが、

暑い日もあれば

雨で急に冷え込むこともあります。

体調に気を付けて、

夏を待ちたいところです。

青々とした若葉がまぶしい季節です。

今年の桜は咲くのも散るのも早く、

5月からの気温の上昇も

例年より早いように感じます。

天気予報は7月並みと言っておりますが、

暑い日はしっかり水分をとって、

涼しくしてお過ごしください。

 

さて、初夏の好季節は今年は長くないそうです。

暑くなるのが早かった分、

梅雨入りも例年より早くなるという予報を耳にしました。

駆け足で夏に向かっていく予感がして、

新しい季節が待ち遠しく感じます。

急な季節の変化に気を付けながら、

夏を待ちたいと思います。

末筆ながら、

皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

新年度が始まって早1か月。

夏を予感させる暑い日と

冬を思わせる肌寒い日が繰り返されつつも、

少しずつ、夏に向かっていることを感じさせる季節となりました。

そして服装の調節が難しい時期でもあります。

昼夜の寒暖差にお気をつけて、

どうぞご自愛ください。

 

さて、GW期間中は下記の日程で休業となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、

何卒宜しくお願いいたします。

 

◆GW 休業期間◆

4月29日(日) ~ 5月6日(日)

すっかり春の陽気となり、

汗ばむような暖かい日が続きます。

例年より早く満開になった桜を見て、

春の訪れを感じる季節となりました。

4月からはまた新しい1年が始まります。

出会いと別れの季節、

皆様にとって輝かしい春となりますよう、

僭越ながらお祈り申し上げます。

 

アムザ工務店

2017年12月30日~2018年1月8日の期間は

冬期休業とさせていただきます。

 

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本年中は格別のお引き立てを賜り、誠に有難く厚くお礼申し上げます。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

 

2017年12月30日~2018年1月8日の期間は

冬期休業とさせていただきます。

そろそろ寒くなってきたなぁと思っていたぐらいだったのに、

あっという間に、ストーブが必需品となってしまいました。

 

何かと慌ただしくなる前に、計画的に動かないと!と、

妙に焦り、追われる時期でもありますが、

まずはこの季節ならではの京都を感じつつ、体調にも気を使って、

乗り切りたいと思います。

 

建築中レポートを更新いたしました。

ようやく寒さもやわらいできました

桜が咲くとなぜだかうれしくなります

 

昔はお花見をするのが楽しみで楽しみで

一体何が楽しいのかはわからないのですが

浮かれた陽気のなか外で食べたり飲んだり

雨が降ったら車の中でお弁当だったことも

なんだか楽しい思い出になったりして

 

このごろでは

通りすがりにお花見してる人を羨ましく眺めても

自主的にお花見しようとは思わなくなりました

いいなあと思ってるだけじゃなくて

出掛けてみたらいいのですが

通りすがりの横見で済ましてしまいます

 

別にやってもやらなくてもいいことですが

楽しめることがあるなら楽しめたらいいですね

 

 

 

 

 

 

梅が咲き、春めいてきました。

とはいえまだまだ外で鑑賞するのは寒いですね。

 

あたたかくなるのはうれしいことですが

花粉も増えてしまうのが困りものです。

せっかくのいい天気、

外に出かけたいけれど

出かけると体調が悪くなってしまう。

 

いつも健康、元気でいることが

一番快適に過ごせる方法ですね。

どうしたらいつも健康でいられるのか

わかりませんが

せめてのんびり梅でも眺めて

心の元気を充填できたらいいですね。

ゆっくりできたら

鶯の声も聞こえるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

吉田山では節分祭が行われますね。

 

出店が山道を登ってもずっと賑っているのも

鬼が練り歩く様子も楽しいです。

古いお札やお守りを焼く火炉祭を

初めて見たときはその迫力に感動しました。

次には、周囲に数人構えている

消防の方々の真剣な姿に感動しました。

こういう人たちがいるから今までも

つつがなくお祭りを続けてこれたのでしょう。

 

どんな時でも危険が伴うことはあります。

安全管理を怠らないことはもちろんです。

しかし行事が末永く受け継がれていくためには

参加する側もマナーや節度を保った行動が必要ですね。

一人の行動でたくさんの人の迷惑になったり

歴史ある行事が終わってしまったりします。

 

鬼は外、福はうち。

攻撃的な気持ちに流されないで

幸せな気持ちを呼び込んで

楽しい行事がずっと続きますように。