pagetop

排水トラップ

洗面台の下やトイレのタンク横、洗濯機の端にもついているおなじみの部品でしたが
排水トラップという正式名称があるのは知りませんでした。
よく見かけると思っていたら、日本の建築基準法 建築基準法施行令129条の2の5 によりにおいて、建築物の配水管には設置が義務付けられているそうです。
あの独特の形は読んで字のごとく、トラップになっています。
水が溜まることによって下水道からあっがてくる悪臭や有毒なガスなどを防ぎ、ネズミおよびその他の害虫などの侵入を防ぐ役目をしています。
建築基準法で定められるほど機能的で排水管には必要な部分ですが、あの独特な形ゆえに清掃も大変です。
排水トラップの種類や形も様々なので新しく取り付ける際には工務店の方に相談して適したものを取り付けるのをお勧めします。